投稿日:

秋田内陸線に乗って田んぼアートを見ました^ ^【鷹巣〜角館】

秋田県内をのんびり走るローカル列車の秋田内陸線。

7月〜9月上旬にかけて、電車に乗りながら田んぼアートを見られます。

シーズンもそろそろ終盤な9月上旬、アートの具合を見てきましたよ^ ^

出発はこちら鷹ノ巣駅!

今日の電車はこちら!レトロめんこい!

 

JRでゲットした内陸線の観光情報をチェックしながら出発を待ちます。

春夏バージョンのパンフには昨年度の田んぼアートの写真が使われています。

そして秋田犬柄のシートが可愛い…♡

各沿線で見たアートを動画にまとめました^^

時期的に終わり頃なので、色が褪せてきています。

7月頃だともっと鮮やかな色が出ていたはず…

【鷹巣〜小ヶ田駅】

北秋田市、伊勢堂岱遺跡のキャラクター「いせどう君」です。

伊勢堂岱遺跡は北秋田市にある縄文時代の環状列石を主体とする遺跡です。

【阿仁前田〜前田南駅】

「秋田犬と森吉山の花」のアートです。

近郊にある森吉山は花の百名山や樹氷で知られています。

夏には高山植物が見られ、アートのお花もこの時期に見られるニッコウキスゲとクルマユリ。

【阿仁合〜小渕駅】

「白銀の森吉山」のアートです。

森吉山でスキーを楽しむ2匹の秋田犬。

アートの右側にはアイスモンスターとも言われる樹氷が。

【阿仁合〜上桧木内駅】

「秋田犬と紙風船」のアートです。

この地区では、毎年2月、上桧木内の紙風船上げのイベントが開催されます。

「無病息災」や「五穀豊穣」などの願いを込めて、武者絵や美人画が描かれた巨大な紙風船が冬の夜空に打ち上げられます。

【羽後太田〜角館駅】

クニマスと富士山のアートです。

クニマスは、かつて世界中で田沢湖だけに生息していた田沢湖の固有種で、絶滅したと言われていたのに、

過去に移植が試みられていた富士五湖で再発見されたという奇跡的なエピソードが^^。

 

今回は鷹巣方面から角館へ行き、日帰りで帰ってきました。

1日乗り放題のホリデーフリーきっぷで往復2000円。久々の角館旅行も楽しんできました^^

今度は阿仁合駅内にあるこぐま亭に行ってみたいです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA