投稿日:

平成29年度 秋田県女性起業家大賞 にて、素敵な賞をいただきました。

平成29年、年末のこと。

秋田県商工会議所女性会で実施している、「秋田県女性起業家大賞」にて、「秋田県商工会議所女性会連合会会長賞」という、素晴らしい賞をいただきました。

秋田県内の頑張っている女性起業家にいただける賞とのことで、

自分が秋田に嫁いで、手探りで迷いながら進んできた今までの活動を褒めていただいたような、とても嬉しい気持ちでした。

(5年前、秋田に嫁ぐ時に不安を感じていた自分に教えてあげたい…)

ご推薦いただいた女性会のみなさまや、商工会議所のみなさまには大変感謝しております^^

これからも微力なお手伝い、させてくださいませ^^

以下、広報誌に載せていただいた挨拶文です。——————-

この度は、「秋田県商工会議所女性会連合会会長賞」という大変栄誉ある賞をいただきまして、誠にありがとうございます。

起業からこれまで支えていただきました皆様方に、改めてお礼申しあげます。

私は5年前に結婚をきっかけに北海道より参りました。

地域の特産品やお祭り、伝統の技術など、日頃より秋田の魅力に触れることが多くありますが、それらを深堀りしていくと、その魅力を支える人たちの思いにいつも心を打たれます。

私もデザインを通して秋田の魅力を伝えていくことで、地域の産業や経済の発展のために貢献することができれば幸いです。

まだまだ自分の未熟さを感じることも多いですが、今回の授賞をひとつの糧にして努力を続けていきたいと思います。

今後ともご指導御鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

スリーペアデザイン 三浦 梨恵子 ————————

 

賞状もらって、とっても嬉しい^^

自分へのごほうびに買った 川連蒔絵 のぐいのみ。大曲の花火と、横手のかまくら。

祝賀会の時に、会長がお話されていたものです^^

投稿日:

小学生の考えたお米のパッケージデザイン

 

大館市では『ふるさとキャリア教育』という、

ふるさとへの“愛着”や“誇り”を育てる教育をしていまして、

地域活動や、地元企業と連携した職場体験などのプログラムが数多くあります。

 

そうしたこともあって、西館小学校の5年生と一緒にデザインについて考える機会をいただきました^^

そのプログラムは、

小学生たちが自分で育て収穫したお米を、自分たちが考えたパッケージで、自分たちで売ろう!

というもの。

7月に小学生が考えたデザイン案についてのアドバイスと、

デザインについての簡単なお話をさせていただきました。

小学生は自分たちのあたまで、商品のコンセプトや、この商品のターゲット、

そのためにはどんなデザインにすればいいか?

を、自由な発想で考えていました^^

 

そうして考えたデザイン案を、
お米のパッケージデザインにしましたので紹介させていただきます。

 

●秋田あんべいいな株式会社(社名も子供達が考案!)

ターゲット/若い人 そのためのデザイン/クール

「この一粒が人生を変える」というキャッチコピーを考えて

上質で本格的なお米をイメージできるデザインになりました。

本格的…にするには写真を使いたい!というところまで考えていました。

「ごはんの部分に窓をつけて、中の米を見せたい」とのアイデアがありましたが、

再現が難しく、透明な袋に入れることになりました。

●株式会社米スターズ

ターゲット/20〜40代の親と子 そのためのデザイン/キャラクターを活かす

キャラクターを活かして、子育て世代の家族に好まれそうなカラフルで楽しいデザインになりました。

こちらの会社は男の子用、女の子用を提案してくれたり、

袋に可愛い持ち手をつけることも提案してくれました。

オリジナルキャラクターの米ケル君と米ンちゃんも良い感じ!

●ファームの力 米好き西館株式会社

ターゲット/20〜40代の男性 そのためのデザイン/力強さを出す

大胆でインパクトのあるガツンとしたデザインです^^

高級感を出すため、黒と金の組み合わせになりました。

キャッチコピーもいいですね^^

同じく、ファームの力米好き西館株式会社のもう一案。

ターゲット/20〜40代の女性 そのためのデザイン/可愛くおしゃれに

同じ20〜40代でも、米スターと違うのは、親子でなく男性、女性としている部分ですね。

花びらの一つにお米のオリジナルキャラクターが入っています。

こちらは絵をメインにして文字は小さく作っています。

そうして出来上がったものを、

10月7日の「本場大館きりたんぽまつり」にて販売していました^^

お昼頃には予定数量が完売したみたいです。

今回私が携わったのはパッケージデザインの部分のみですが、

「会社の作り方」だとか「販売時の接客」だとか、

このプログラムを通してたくさんのことを学んだようです。

そして先日、小学生のみなさまより感謝のお手紙が…!

わぁぁ!泣いちゃう…(;∀;)